うーん・・・なんか腑に落ちない

車のエコカー減税にまつわる話・・・









・・・とある ブログ小ネタニュース に載ってたんですが。


特に「エコカー減税」はCMでも強調されており、環境に配慮された自動車の税金が免除・軽減されるということで、これを機に車を買い換えた人も多いはず。
ただ、燃費が良いコンパクトカーだけでなく、大きな高級車が減税対象になっていたりと仕組みは複雑。

「元々は減税対象外なのに、燃費が悪くなるグレードにしたら減税対象のエコカーになった」

ということもあるとか……。いったいどういうことだろうか。

エコカー減税は、その正式名称(※1)が示す通り、購入時に課税される「取得税」と、購入・車検時に課税される「重量税」が軽減・免除される特例(※2)。
電気・燃料電池、天然ガス、プラグインハイブリッド、クリーンディーゼル車と、低排出ガス・燃費基準達成のハイブリッド車は、一部を除き、両税とも全額免除される。

そして、ガソリン車などが減税を受けるには、「排出ガスが綺麗」+「燃費が良い」という条件が必要。
具体的には「平成17年排出ガス基準75%低減」(いわゆる☆☆☆☆低排出ガス車)を受け、かつ燃費基準の達成度(燃費基準+15%、+20%、+25%)により、両税ともに50%もしくは75%軽減される仕組みである。

この燃費基準値は、車両重量ごとに定められており、軽いほど高い値、重いほど低い値が定められている。
つまり一見燃費が悪そうな大型の高級車でも「重い割には燃費が良い」場合は、エコカーとして減税対象車になる。
ガソリン車の場合、(1)703kg未満、(2)703kg以上828kg未満、(3)……と、車両重量を9段階の区分に区切って、それぞれに燃費基準値を定めている。(1)は21.2km/l、(2)18.8km/lである。

このような仕組みのため、「元々は減税対象外の車種に、更に装備をつけて車重を重くしたら、燃費が少し悪くなったのに、1段階上の区分に変わり、エコカーになる」といったことが起こるのだ。

例えば、メルセデス・ベンツのEクラス(トヨタ「クラウン」クラスの高級車)の場合。
「E 250 CGI ブルーエフィシェンシー」は、☆☆☆☆で排ガス基準は達成。ただ、車重は1680kg、燃費は11.4km/l。区分は「(6)1516kg以上1766kg未満」で、燃費基準+15%値が12.1km/l。
よって、減税最低基準の+15%値にはとどかず、エコカー減税対象外だ。
これに装備を充実させた「E 250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」というグレードになると、車重は1780kgと増加し、燃費は10.8km/lと下がるが、区分は「(7)1766kg以上2016kg未満」に変わり、燃費基準+15%値の10.2km/lどころか、+20%値の10.7km/lを上回り、減税対象のエコカーに変身してしまう。
これがいわゆる「減税グレード」と呼ばれるものである。
もっとも、後者(アバンギャルド)と前者の優遇金額の差は、エコカー減税、自動車税軽減、そしてエコカー補助金を合わせても約20~30万円ほどで、装備追加による割増額64万円の半額以下に過ぎない。
といっても、豪華装備を安く手に入れられるし、メーカーや車種によっては「サンルーフをつけるだけで減税対象となり、結果的に数千円の追加負担でサンルーフを装備でき、かなりお得」といった場合も。

上記の例のように各社、装備を追加して減税対象になる「減税グレード」をラインナップしている。
同じ車でも、装備をつけて重く、燃費が悪くした方がエコカーとして優遇されるわけで、「環境性能に優れた自動車を優遇」という観点では、とても変な感じがするが、この制度の盲点を上手く利用して賢い買い物をするのと同時に、制度への問題提起とするのも、ありかもしれない。
ただし、燃費が悪くなり燃料代(維持費)が高くつくことになるので、不要な装備の装着は賢い選択ではないということもお忘れなく。



エキサイトニュース(コネタ)から抜粋。


おぉぉ。。。ちょっと長文だわ(^_^;)

・・・っつーか
カワサキ新型イチ・ニー・ゴはリッター40km前後走るんですが。

190psあるZX-10Rだってリッター15km前後走るぞ。

車1台分の駐車場にキレイに入れれば数台入って、省スペースでエコ。

そもそも同じ分のガソリン使っても車両重量が軽いバイクは道路も傷ませないってエコじゃないのか?

うーーん・・・腑に落ちない。マジで。

by pitcrew_ichikawa | 2010-02-11 19:58 | 日々の雑感